続・知りたくない真実

  • 2019.01.21 Monday
  • 23:15

JUGEMテーマ:認知症

「怪物はささやく」場面写真

(映画・「怪物はささやく」)

 

毎度おなじみ鬼父である。

最近、寝言を言っているようだ。

 

 

と、思ったのだがなんか違う!

 

 

誰かとお話をしているようだ。

やけに言葉がはっきりしている。

そして、長い。

 

私が会社に入ったのは、そういうわけでした・・・

(間)

はい、そうですねえ〜

それはなんたらかんたら・・・

 

ひょえ〜!

 

そんな夜が幾度かあって、友達が泊まりに来た日のことである。

やはり、寝室で誰かとお話をしている鬼父。

 

私はこう考えていますが、仕事はなんたらかんたら・・・

 

友達がひとこと言ったわ〜

 

 

やばくない!?

 

 

(ワタシ)あ、やっぱり?

 

(友達)猛母さんのケアマネさんに相談した方がいいんじゃない?

 

(ワタシ)だよね〜・・・

 

みたいな会話をしたのでした。

 

そして、一昨日の夜の話です。

鬼父またお話をしていました。

 

何も食べないわけにはいかないんじゃないか?

何か食べなきゃいかん

 

と、誰かを説得している様子。

 

最近食欲がないと言って、あまり食べなくなった鬼父ですが、昨日はよく食べてました。

猛母と話しているつもりなのかと思っていましたが

自分とお話をしていたのかしらん?

 

まあ、いずれにしても誰とお話していたかなんて・・・

 

 

怖くて訊けな〜〜い!!

 

 

本当に誰かいるのかも・・・と、ホラーな考えも浮かぶ今日この頃です。

 

きっと、夜中に誰かが・・・

 

♪来〜る、きっと来る〜

 

厄払いの一押しお願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

 

知りたくない真実

  • 2019.01.17 Thursday
  • 21:15

JUGEMテーマ:認知症

(映画・シャイニング)

 

 

我が鬼父、最近運転において

 

危険が危ない!

 

以前から運転は乱暴で

 

ぶつける、壊す、傷つける

 

は当たり前の人である。

 

そもそも今の車に変えたのも

 

事故ったけど、車で家まで帰りたい

そうだ!買っちゃおう♪

速攻一番近所の車屋さんへ行ってお買い上げ

現在に至る

 

なのである。

 

その車、時々ワタシの身に覚えがない傷があったりするので

見つけ次第

 

傷があるけど知ってる?

ワタシじゃないからね!

 

と報告。

じゃないとワタシのせいにされかねない。

いや・・・

多分修理の時は

 

娘がやった

 

と、訊かれもしないのに言っているはずである。

 

そういう人なのである。

 

さて、猛母が退院するとき、我が家からほんの3分程度の距離にある病院まで

車を運転するという鬼父。

それがね〜

 

車を出すときに我家の縁石に

 

ガガガ〜〜

 

と・・・

 

でだ!

 

 

病院の駐車場に入る時に再び

 

ガガガ〜ガリ!

 

と・・・

 

ワタシと鬼父で傷を確認。

修理に出す気配なし。

まあ、ワタシの車じゃないからいいや〜

と放置。

 

さて、今日の話である。

車庫に車がない。

 

車は?

 

と、訊くと

 

ぶっつけたから修理に出した

 

は?

 

あの傷でも修理に出さないくせに修理に出した!?

そりゃ、かなりの損傷だろう・・・

しかも一週間かかるという。

 

ところで、どこでぶっつけたの?

 

恐る恐る質問。

 

コンビニの出口

 

え〜〜と・・・

それって、器物損壊とかで〜

またお巡りさんがお迎えにくるパターンじゃないですよね?

 

怖くて訊けな〜〜いい!!!

ワタシ、真実を知らなくてもいいよね?

あえて、知らなくていいよね!?


人気ブログランキングへ

 

もはやクレーマー以外の何者でもない

  • 2019.01.16 Wednesday
  • 22:43

JUGEMテーマ:認知症

 

 

さてさて、またしても我が鬼父である。

やってくれました。

 

昔からわがままで自分のことしか考えず、人に文句ばかりを言う・・・

という、勝手な人ではありましたが、最近そこに拍車がかかっております。

耳鳴りに悩まされているようなのですが

私に訴えるのです。

 

最近、耳鳴りがひどくて眠れない・・・

もう、一週間一睡もしていない

 

いやいやいや・・・

 

一週間も寝ないわけがない。

そんなことを言いながら、テレビ見ながらウトウトしてるのだ〜れ?

 

思っても口に出さない奥ゆかしい娘。

 

そりゃ大変ね

病院に行ってる?

 

とか、つい心にもない心配そうな言い方をする。

 

それで調子に乗るのが我が鬼父。

病院に行くのに車の運転が心配だから運転手をしろと・・・

 

はいはい・・・

 

で、いつも行っている病院に連れて行く。

 

そこで看護師さんから叱られている鬼父。

 

これ以上お薬は出せません!

 

いくら、見えられても一緒です。

 

心配なら内科に行ってください。

 

他人のふりするワタシ・・・

 

そして内科へ・・・

内科の先生に紹介状を書いてもらう。

もちろん

 

最短で!!

 

とか、催促したと思われ、2日後の10時に行けと言われたらしい。

紹介してもらった病院は少し遠いので、またワタシに運転手をしろと・・・

 

いやいやいや・・・

 

ワタシ仕事だし〜

忙しいし〜

休めない!

連れて行くのはいいから、

今度の休みは3日後だから延期してもらってくれる?

 

と・・・

 

はい、鬼父たった1日が待てなくて自分で運転していきました。

 

さて、大きな病院に通って3回目です。

まだ耳鳴りは治まりません。

それが、今日の話です。

 

鬼父ワタシに

 

大層自慢げ

にのたまうのです・・・

 

まだ治らないのは、何がいけないのか!

 

それを治すのがあんたたちの役割だろう!

 

逃げていないで、さっさとどうにかしろ!

 

そう言ってやったww

 

 

とか・・・って・・・

鬼の首をとったように。。。_| ̄|○

 

 

やれやれ・・・

 

苦労の娘にどうか一押しを・・・

 

 
  人気ブログランキングへ

>

 

 

 

舞子が死んだ日

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 22:22

JUGEMテーマ:ペット

 

 

 

 

 

 

我が猛母が入院してしばらく経った頃の話である。

腎臓に障害が出はじめて先生から

 

クスリの副作用で心臓に負担がかかります。

高齢なので何があってもおかしくはない状態です。

なので、ある日突然亡くなる可能性もあるという覚悟はしておいてください。

 

的な話をされた。

ワタシも鬼父もある程度の覚悟は決めた。

そして延命はしませんとの同意書まで書いた。

 

が・・・

 

ちょうどその話があった直後、猛母が溺愛していた猫の舞子が急死した。

 

少し前からご飯を食べなかったりしていたのでワタシが鬼父に

 

病院に連れて行く

 

というと「それはいい」という。

年も年だし、そこまでしなくてもいいと・・・

 

それでしばらく様子をみることにしたら、次の日に死んでいた。

ワタシが仕事から帰るといつもは居間にいるはずの舞子は廊下でタオルをかぶせられている。

 

舞子どうしたの!?

 

と訊くと

 

死にそうだったから部屋から追い出したと・・・

 

我が父ながらなんて、酷いことを・・・!!!

 

だから、病院に連れて行くって言ったじゃない!

 

と、多少詰りながらも仕方ないかな・・・との思いもあった。

 

その後の話である。

我が猛母はなぜか劇的に腎臓が回復した。

 

ワタシは口には出さなかったけど、舞子が身代わりになってくれたような気がしてしようがなかった。

 

ありがとね、舞子・・・

 

庭に埋めたところにクリスマスローズを植えてお墓にした。

 

さて、鬼父である。

病院に連れて行かなかったのを気にしていたようで

 

延命しても本人が苦しむだけだ

前の犬が死んだときも

これ以上生きていても苦しむだけだから安楽死を選んだ方がいいと獣医さんに言われた

だから

俺は舞子もそんなことはしなくていいと判断したのだ

 

と、訊きもしないのに言い訳の数々を・・・

いやいやいや・・・

 

それを判断するのは獣医さんが診察してからの話で

舞子がどこが悪いのか、治らないのか、自分が判断することじゃないんじゃない?

注射一本で治る病気もあるんだよ

 

確かにワタシは鬼父に対して、冷静にそう諭した覚えはある。

 

さて、舞子が死んでしばらく経った頃のこと。

鬼父、酷い耳鳴りに悩まされて夜も眠れないと言い出した。

 

そして、ポツリと気弱なひと言・・・

 

 

 

舞子の祟りかな・・・

 

 

 

心優しい娘は

 

そんなことないよ

可愛がってもらった人にそんなことしないからね〜

多分いろいろあったからストレスだよ〜

 

 

 

 

爆!!!

 

と、心の中では爆笑しながらも優しく言いきかせる腹黒娘であった。

 

 

祟りかも〜と、思った方も思わなかった方も一押しお願いします


人気ブログランキングへ

本当の理由

  • 2019.01.08 Tuesday
  • 01:01

JUGEMテーマ:健康

 

少し話は遡るが

我が猛母が介護認定を受けるに至ったいきさつなど書いてみたいと思う。

入院1ヶ月が過ぎた頃の話である。

担当の看護師さんから電話があった。

 

介護認定の請求をしてください

 

話を聞くとあとあと役立つそうなので申請をすることに・・・

ワタシは仕事があるので、一日中暇こいている鬼父に役所に行ってもらうことにする。

超絶セッカチな鬼父、次の日には済ませてきたとのたまう。

ところがである!

 

更に1ヶ月後、看護師さんから電話があった。

 

まだ申請が済んでいないようですが・・・?

 

ええええ????

 

鬼父を問いただすとどうやら役所に行ったはいいもののどうしていいかわからず

高額医療控除の話なんか聞いて帰って来たらしい。

 

ありえん・・・。。。_| ̄|○

 

許可が下りるまで1ヶ月くらいかかるんだよ。

その前に退院ってことになったら、どうするの?

お風呂さえ入れられないし、昼間はずーーっと付きっ切りでみてなきゃいけないんだよ

 

というと、さすがの鬼父も慌ててもう一度役所へと向かう。

 

その日、鬼父の報告である。

 

年寄りにいろいろ細かいことを書いた紙なんか渡されても理解できない!

 

こんな不親切なことがあるか!

 

もし許可が下りないまま妻が退院してきたらどうしてくれくる!

 

娘が仕事をしている間、私が一人で面倒をみるのか!

 

 

などなど・・・耳を塞ぎたくなるようなクレームの数々を訴えたそうだ・・・

自分が悪いとは爪の先ほども自覚していない・・・

 

その時対応してくださった担当の方が親切な方で

 

わかりましたっ!

明日、伺って奥様と面会します。

そのうえで、できるだけ早く認可が下りるようにします!

 

と・・・

本当に申し訳ない・・・

ひたすら感謝です・・・(土下座モードな俺)

 

その後、看護師さんや相談員さん、ケアマネージャーさんが

尽力して下さり、無事猛母退院と同時にケアセンターへ入居となりました。

 

 

さて、ワタシも多少は腹黒な娘である。

 

いろいろな手続きの詳細は病院側の看護師さんや相談員さんに報告が入っている。

その折々に

 

 

実は…

 

父も最近物忘れがあったりして・・・・

 

 

 

と、あくまで控えめな表現で折に触れ情報を小出しにしていた。

 

役所の件で皆さんが

 

あああ〜・・・(納得)

 

となったようです。

 

 

正式にケアマネージャーさんとお話をしたときに

 

 

お父様もあの状況では働きながら2人の面倒をみるのは無理です。

あなたの負担が大きすぎます。

お母様はどこかへ入居という方向で考えてみませんか?

 

と・・・

 

あくまで鬼父には秘密裏に事は進められらのであった。

 

これは鬼父グッジョブ👍と一押しお願いします

人気ブログランキングへ
 

 

 

素敵なバースデー♪・・・か・・・?

  • 2019.01.06 Sunday
  • 21:59

JUGEMテーマ:日記・一般

 

(画像はエコールクリオロのホームページから拝借しました)

 

我が鬼父である。

奴のやることはすべからく私の神経を逆撫でするのである。

ワタシは今怒っているのかというと、そうでもない。

その理由は・・・

 

もう慣れたから

 

 

さて、本日のお題である。

つい先日、ワタシがいつもいるキッチンのテーブルの上に(これ見よがしに)一冊の本が置いてあった。

タイトルは

 

「高血圧の本」

 

いや、ワタシ、関係ないし〜と、スルーして居間のテーブルに置く。

 

次の日、鬼父がのたまう。

 

「この本を読んでおけ。今の季節は温度差で脳溢血になったりすることもあるらしいから」

 

さらに、ドヤ顔で続く

 

「お前は朝風呂に入ったりする。それは非常に危険なことなのだ」

 

いやいやいや・・・

 

「ワタシ低血圧だから関係ないわ〜」

 

と、言いながらも・・・

 

心の中では

てか

自分がその本を読んで洗脳された・・・?

自分が高血圧だから俺のことを心配しろと・・・?

まあ、そのあたりだろうなぁ〜

と、検討を付け

 

「一戸建ては寒いからね!ストーブもう一台出すね!」

 

と、心優しい娘は言ってしまったのである。

 

その夜早速電気ストーブを出して置いておくと

鬼父は一日中つけているのである。

 

ほとんど居間で動かないくせに、電気ストーブ。

お風呂の脱衣所のためだけに、電気ストーブ。

トイレに行くときのためだけに、電気ストーブ。

最高温度の設定で、電気ストーブ。

その場所だけがやたら熱くなる電気ストーブ。

電気代やたらに食う電気ストーブ。

犬猫がいるというのに危ない事この上ない電気ストーブ。

 

一日中電気ストーブ2台フル回転!!

 

しかも、全ての部屋を閉めきっている。

自分自身へのヒートショック対策以外の何物でもない。

 

おかげで、犬猫どこへも移動できない。

 

おかーさん!!おしっこできない〜!

 

と、騒ぐ。

 

思い付きで変なことを極端にやるタイプの鬼父なのである。

 

いろいろ危ないからエアコン付けようか?

 

と、言ってみる。

鬼父、ワクワクでノリノリ・・・

 

で、仕方なく早急にエアコンをつけることにした。

これが、あくまでも

 

早急に!!

 

ということが大事なわけで・・・

なぜなら、我が鬼父は無類のセッカチさん・・・うふっ♡

きっと今日明日中に話が進まないなら

自分であちこちに電話しまくって変な業者に依頼しかねないから

 

危険が危ない!

 

ワタシが良く知っている所に依頼することにする。

それでも、何かのトラブルがあったときには鬼父の鬼の部分が露呈する(一番危ないのはクレーマー化)

のは確実なのでワタシが支払うことにする。

 

これで

 

ワタシが払うから、いろいろ言わないでね〜!

 

の一言で無用なトラブルは回避できる。

なんて、聡明でできた娘であろうか・・・(我ながら涙が出る)

 

ちなみに

 

1月7日は私のバースデー♪

 

自分へのプレゼントにクリオロのケーキを奮発しようか・・・

それともマキタのインパクトドライバーを買おうか・・・

なんて、思っていたのだが・・・

 

その十倍もの値段を凌駕するエアコン一台お買い上げ〜♪

 

しかも、鬼父のために・・・

 

心優しい娘は泣き寝入りするのであった・・・(涙)

 

 

可哀想なワタシにプレゼントの一押しを・・・

人気ブログランキングへ

 

 

鬼父のなせるわざ

  • 2019.01.05 Saturday
  • 22:21

JUGEMテーマ:健康

 

 

我が猛母が入院に至るまでの経過をちょっとばかりかいつまんで記事にしたいと思います。

 

事のはじまりは私が仕事から帰って来た時のことです。

その日はたまたま早い時間に仕事が終わりました。

6時半くらいです。

 

玄関を開けると鬼父と猛母が玄関で立往生状態・・・

と言っても鬼父が仁王立ち。

猛母が玄関の上がりかまちで半分寝っ転がっている・・・

という、金色夜叉状態。

 

何やら盛大な夫婦喧嘩でもしたのか〜?

みたいな・・・

 

話を聞くと猛母が玄関で転んで

鬼父が起こそうとするが、力がないし痛がるしでふたりで困り果てていたということでした。

 

とにかく私が母を抱えて、玄関から上に上げる。

母は自力で這いながら寝室へ。

明日まで様子を見ようということに・・・

 

次の朝、猛母はやはり歩けないという。

特に痛がってはいないものの、どうしようもないので救急車のお世話になります。

 

その間鬼父は一切を私任せなのは、まあよしとするにしても

私は午後から仕事なんで、病院に預かってもらうことにします。

それが現在に至るのであります。

 

その時は家族三人ともすぐ退院するつもりでした。

 

検査の結果骨折と判断されたけど、手術はしないでよいということなので

一安心したのもつかの間・・・

 

少し悪かった腎臓が一気に悪化。

環境が変わったので混乱したのと、個室という状況で

認知が一気に悪化。

 

見事にあっと言う間でした。

 

そして、入院期間3か月という判断を聞かされた鬼父が・・・

まさに!

鬼の反応!!

 

 

おい、今度の休みはいつだ?

 

 

 

 

 

 

墓を買いに行くぞ!!!

 

これこれ・・・(;'∀')

 

まさにこれが、我が鬼父の鬼たるゆえんです。

 

 

 

酷〜!と思った方は、一押しよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

 

ご報告

  • 2019.01.04 Friday
  • 22:17

JUGEMテーマ:健康

 

ご報告です。

我が猛母は無事消しゴムの里へと旅立ちました。

事のはじめは数年前からじわじわと訪れてはいましたが、あることをきっかけに一気に加速しました。

で、結局今はホームにお世話になっております。

 

そのあることとは、

 

転んで入院

 

⇒認知症がすすむ君

 

⇒ホームのお世話へ

 

という、絵に描いたような鉄板コースを辿りました。

実際よく聞く話ですが、さすがよく聞くだけあって、ビックリするほどの

ド定番っぷり!

こっちがビックリするわ〜!

というくらいいろんな情報で聞いたまんまのコースです。

 

年寄りはあらゆる意味で転ぶのが一番悪い結果しかもたらさないような気がします。

 

そんな今日この頃、皆様お元気でしたか?

私はヘトヘトでした〜〜!

でも、ちょっと落ち着いてきましたので、つれずれなるままに

チンタラ再開したいと思います。(☜何回目だよ!)

 

また、よろしくお願いします(ペコリ〜)

 

 

人気ブログランキングへ

 

それは嫌だ・・・

  • 2018.07.30 Monday
  • 22:34

JUGEMテーマ:日記・一般

 

「お肌をつるつるに!!」

 

みたいなキャッチコピーの広告をみつけた私

しかも何と!

 

1000円也

 

どうやらドラッグストアの広告で

15分くらいで終わるらしいからお手軽です

 

ニコール  ♪

 

 

とばかりに

 

広告キープ!

壁に貼りつけておいた。

 

それを見た我が猛母

 

 

 

 

お肌が

 

 

 

 

 

 

 

 

ツブツブに

 

って書いてあるねっ!

 

 

 

 

いや・・・

 

 

つるつるですが・・・

 

萎える・・・

 

それ以来行く気が失せた

 

人気ブログランキングへ

 

バタフライエフェクト

  • 2018.07.03 Tuesday
  • 22:22

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

その日、私は通勤途中の交差点で考えていた。

そこは四つ角で会社までの至近距離の場所。

信号は赤。

にもかかわらず、車は一台もいなかった。

 

右を見て、左を見て、

そして、もう一度右を見る。

子供の頃に教えられた通りの手順をを踏んだ。

 

その日、ワタシは特に急いでいたわけでもないのに

横断歩道を渡ることを決めたのだった。

 

渡りながら、私の頭の中によぎった言葉・・・

 

 

バタフライエフェクト

 

北京でチョウが羽ばたくとニューヨークに嵐が起きる

 

 

という、例えのように・・・

 

今日この時間、まさにその時、

私の行動が世の中に大きな変化をもたらすかもしれないのだ。

 

私がその赤信号を渡ったために、停車中のドライバーが

私の姿を見ることになり

見とれて、事故を起こす可能性もありうるのだ。

 

そんな事を考えながら、横断歩道を渡り切ったとき

速攻でバタフライエフェクト・・・

 

 

 

歩行者の方は、信号が青になってから横断してください

赤信号での横断は大変危険です

 

 

パトカーが・・・

拡声器で・・・

しかも、ワタシと並走しながら・・・

しつこく、2回も繰り返し・・・

 

 

嫌がらせかよ!!

 

確かに、ドライバーの皆さんはワタシに注目していたけど・・・

 

なんか違うぞ・・・と・・・

 

人気ブログランキングへ

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

ブログランキング

一日一ぽちお願いします

メール

メールはこちらから
メールフォーム

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM