父の覚悟

  • 2019.02.28 Thursday
  • 01:10

JUGEMテーマ:健康

(映画・父の秘密)

 

このところ鬼父の容態が思わしくない。

この一週間程、苦しそうにゴロゴロしている。

心優しい娘は言う。

 

ニコール 病院に行こうよ〜

 

しかし、鬼父は答える。

 

 いや、いい

 

と・・・

 

その理由は

 

俺も年だ。

だから、このままでいい・・・

いつ死んでもおかしくない。

だから、病院へなど行く必要はない。

 

と・・・

 

そこはかとない悲壮感を漂わせる鬼父。

 

いや、待て!

 

ワタシが面倒臭いから・・・

とは、口にはしないが思ってはいた。(はい!)

 

ワタシが推理するところによると

猛母の一部始終をつい最近目の当たりにした鬼父にとって

自分も病院に入ったとたん

認知症〜ホーム入居の流れが確定することへの思いがあったのではと思う。

 

さて、今日のことである。

さすがにワタシもいろいろと限界である。

暗い、面倒、ウザい・・・

ワタシの精神衛生上非常によろしくない。

そこで、言ってみた。

 

病院に行こう!

いつまでもそんな状態でいるより一度診てもらおうよ!

自分も辛いでしょう。

診てもらったら、少なくとも今よりは楽になるよ。

放置して長引くと感染症になったりもするんだよ。

 

はい、ここで説明するとワタシは鬼父は

 

痔が悪化しているのでは・・・と推測。

 

その理由は、お尻を手で押さえているから・・・

 

鬼父の思惑は

 

何か質の悪い病気ではないか・・

 

その理由は、お腹からお尻のあたりがおかしい・・・

 

そこで再び

 

いや、いいんだ!

 

いずれにしてももう長くはないんだから!

 

との頑なな返事であったので、今日の所は説得するのはやめにした。

が・・・

大好きなテレビも消して何か考えに浸っている。

 

そして

小一時間ほど後

 

 やっぱり病院へ行くから連れて行ってほしい

 

と言い出す鬼父。

 

なら、もっと早く言えよ!

仕事に遅れるではないか!!

 

と、思いながらも

 

ニコール オッケー

      行こう!

 

とそそくさと車に乗せる。

 

シメシメ・・・

これで入院してくれたら、楽になるぜ!

お主も悪よのう〜 >ワタシ

 

と、越前屋のようなことを思う腹黒娘。

 

鬼父は鬼父で

 

これで俺も娑婆には戻れなくなるかもしれない・・・

しかし、この苦しみから解放されるなら

それもやむなし!

 

と、これまた討ち入り前の赤穂浪士のごとき覚悟であったことは想像に難くない。

 

さて、病院へ到着し鬼父の診察が終わる。

先生の診断を仰ぐ越前屋と赤穂浪士

 

   ・

 

 

   ・

 

 

   ・

 

 

   ・

 

 

   ・

 

 

便秘ですね〜😊

 

 

 

 

 

はあ〜!?

 

はああ!!??

 

 

と、いうわけで

 

ニコール 行って良かったでしょ?

 

 

 ウン!

 

 

という会話を交わしながらスゴスゴ帰途へ着く

バカ親子であった・・・

 

はあ〜・・・(ため息)と共に一押しよろしく


人気ブログランキングへ

墓穴

  • 2019.02.01 Friday
  • 23:39

JUGEMテーマ:ペット

(映画・ペットセメタリー)

 

話は少し遡る。

我が猛母が溺愛していた猫の舞子が死んだので、

庭にお墓を掘っていた時の話である。

鬼父が自分もやると言い出した。

 

やめてくれ!!

 

植栽とか気にせずあちこち踏みにじって、ぐちゃぐちゃにして

掘りだして途中で飽きて放り出すだろうが!

 

しかも、次の日にはあっちが痛い!こっちが痛い!騒ぐだろうが!!

 

目に浮かぶわ!

 

その光景がありありと目に浮かぶわ!

 

 

内心思いっきりツッコミを入れながらも優しい娘は

 

いいのよ〜、私がやるから〜

どこか痛くなったりしたら大変だからね〜

 

と・・・

 

で、ついでだからゆくゆくは銀ちゃんもこの庭に埋めることになるだろうから

猫二匹分のスペースを確保しておくことにした。

 

舞子の埋葬を終わって鬼父が様子を見に来たので

一応説明をしておく。

 

ここに埋めたからね。こっちには銀ちゃんの分も空けてあるんだよ。

 

それに対する鬼父の返事

 

銀ちゃんより俺の方が早い・・・

 

少々寂しげな風を装いながら同情を買おうとしている。

 

それなら、私もそれなりにフォローめいたことを言わなきゃいけない気がしたので、

銀ちゃんのために空けたところを指さしながら

 

じゃあ、その時はここに埋めてあげわね

 

と・・・

 

 

ナイスフォロー!と一押し


人気ブログランキングへ

素敵なバースデー♪・・・か・・・?

  • 2019.01.06 Sunday
  • 21:59

JUGEMテーマ:日記・一般

 

(画像はエコールクリオロのホームページから拝借しました)

 

我が鬼父である。

奴のやることはすべからく私の神経を逆撫でするのである。

ワタシは今怒っているのかというと、そうでもない。

その理由は・・・

 

もう慣れたから

 

 

さて、本日のお題である。

つい先日、ワタシがいつもいるキッチンのテーブルの上に(これ見よがしに)一冊の本が置いてあった。

タイトルは

 

「高血圧の本」

 

いや、ワタシ、関係ないし〜と、スルーして居間のテーブルに置く。

 

次の日、鬼父がのたまう。

 

「この本を読んでおけ。今の季節は温度差で脳溢血になったりすることもあるらしいから」

 

さらに、ドヤ顔で続く

 

「お前は朝風呂に入ったりする。それは非常に危険なことなのだ」

 

いやいやいや・・・

 

「ワタシ低血圧だから関係ないわ〜」

 

と、言いながらも・・・

 

心の中では

てか

自分がその本を読んで洗脳された・・・?

自分が高血圧だから俺のことを心配しろと・・・?

まあ、そのあたりだろうなぁ〜

と、検討を付け

 

「一戸建ては寒いからね!ストーブもう一台出すね!」

 

と、心優しい娘は言ってしまったのである。

 

その夜早速電気ストーブを出して置いておくと

鬼父は一日中つけているのである。

 

ほとんど居間で動かないくせに、電気ストーブ。

お風呂の脱衣所のためだけに、電気ストーブ。

トイレに行くときのためだけに、電気ストーブ。

最高温度の設定で、電気ストーブ。

その場所だけがやたら熱くなる電気ストーブ。

電気代やたらに食う電気ストーブ。

犬猫がいるというのに危ない事この上ない電気ストーブ。

 

一日中電気ストーブ2台フル回転!!

 

しかも、全ての部屋を閉めきっている。

自分自身へのヒートショック対策以外の何物でもない。

 

おかげで、犬猫どこへも移動できない。

 

おかーさん!!おしっこできない〜!

 

と、騒ぐ。

 

思い付きで変なことを極端にやるタイプの鬼父なのである。

 

いろいろ危ないからエアコン付けようか?

 

と、言ってみる。

鬼父、ワクワクでノリノリ・・・

 

で、仕方なく早急にエアコンをつけることにした。

これが、あくまでも

 

早急に!!

 

ということが大事なわけで・・・

なぜなら、我が鬼父は無類のセッカチさん・・・うふっ♡

きっと今日明日中に話が進まないなら

自分であちこちに電話しまくって変な業者に依頼しかねないから

 

危険が危ない!

 

ワタシが良く知っている所に依頼することにする。

それでも、何かのトラブルがあったときには鬼父の鬼の部分が露呈する(一番危ないのはクレーマー化)

のは確実なのでワタシが支払うことにする。

 

これで

 

ワタシが払うから、いろいろ言わないでね〜!

 

の一言で無用なトラブルは回避できる。

なんて、聡明でできた娘であろうか・・・(我ながら涙が出る)

 

ちなみに

 

1月7日は私のバースデー♪

 

自分へのプレゼントにクリオロのケーキを奮発しようか・・・

それともマキタのインパクトドライバーを買おうか・・・

なんて、思っていたのだが・・・

 

その十倍もの値段を凌駕するエアコン一台お買い上げ〜♪

 

しかも、鬼父のために・・・

 

心優しい娘は泣き寝入りするのであった・・・(涙)

 

 

可哀想なワタシにプレゼントの一押しを・・・

人気ブログランキングへ

 

 

鬼父のなせるわざ

  • 2019.01.05 Saturday
  • 22:21

JUGEMテーマ:健康

 

 

我が猛母が入院に至るまでの経過をちょっとばかりかいつまんで記事にしたいと思います。

 

事のはじまりは私が仕事から帰って来た時のことです。

その日はたまたま早い時間に仕事が終わりました。

6時半くらいです。

 

玄関を開けると鬼父と猛母が玄関で立往生状態・・・

と言っても鬼父が仁王立ち。

猛母が玄関の上がりかまちで半分寝っ転がっている・・・

という、金色夜叉状態。

 

何やら盛大な夫婦喧嘩でもしたのか〜?

みたいな・・・

 

話を聞くと猛母が玄関で転んで

鬼父が起こそうとするが、力がないし痛がるしでふたりで困り果てていたということでした。

 

とにかく私が母を抱えて、玄関から上に上げる。

母は自力で這いながら寝室へ。

明日まで様子を見ようということに・・・

 

次の朝、猛母はやはり歩けないという。

特に痛がってはいないものの、どうしようもないので救急車のお世話になります。

 

その間鬼父は一切を私任せなのは、まあよしとするにしても

私は午後から仕事なんで、病院に預かってもらうことにします。

それが現在に至るのであります。

 

その時は家族三人ともすぐ退院するつもりでした。

 

検査の結果骨折と判断されたけど、手術はしないでよいということなので

一安心したのもつかの間・・・

 

少し悪かった腎臓が一気に悪化。

環境が変わったので混乱したのと、個室という状況で

認知が一気に悪化。

 

見事にあっと言う間でした。

 

そして、入院期間3か月という判断を聞かされた鬼父が・・・

まさに!

鬼の反応!!

 

 

おい、今度の休みはいつだ?

 

 

 

 

 

 

墓を買いに行くぞ!!!

 

これこれ・・・(;'∀')

 

まさにこれが、我が鬼父の鬼たるゆえんです。

 

 

 

酷〜!と思った方は、一押しよろしくお願いします

人気ブログランキングへ

 

それは嫌だ・・・

  • 2018.07.30 Monday
  • 22:34

JUGEMテーマ:日記・一般

 

「お肌をつるつるに!!」

 

みたいなキャッチコピーの広告をみつけた私

しかも何と!

 

1000円也

 

どうやらドラッグストアの広告で

15分くらいで終わるらしいからお手軽です

 

ニコール  ♪

 

 

とばかりに

 

広告キープ!

壁に貼りつけておいた。

 

それを見た我が猛母

 

 

 

 

お肌が

 

 

 

 

 

 

 

 

ツブツブに

 

って書いてあるねっ!

 

 

 

 

いや・・・

 

 

つるつるですが・・・

 

萎える・・・

 

それ以来行く気が失せた

 

人気ブログランキングへ

 

父とメイク

  • 2017.11.13 Monday
  • 21:27

JUGEMテーマ:日記・一般


 

何を隠そう我が鬼父は、若い頃は大層な美青年であった。

我が猛母は、大層な面食いであったために一目で恋に落ちたらしい。

まあ、ワタシが見ても若い頃の写真はイケメンである。

子供の頃は友達が「pancoちゃんのお父さんカッコイイ♡」

と騒いでもいた。

そんな風だから、本人もその気になっていた・・・

若い頃の写真をキーホルダーにして持っていたりする。

 

いや、未だにそう思っているふしがある。

俺はまだまだイケメンだぜッ!みたいな・・・

何となく残念な鬼父なのである。

 

さてそれが、悲劇のはじまりであった。

 

我が鬼父は未だにイケメン扱いされることがある。

お友達のドールちゃんは狭い田舎のことゆえ噂を耳にして

「pancoさんのお父さんって、会ったことないけどイケメンなんだって?」

とか言うもんだから私は鬼父の秘密を暴露してしまったのである。

 

 

 

 

だって〜

 

 

 

 

 

 

 

眉毛描いてるし〜〜

 

 

わはは!!

 

そうなのだ。

鬼父は眉墨で眉を描いているのである。

 

友達に暴露しまくりである。

だって、こんな面白い話はなかなかない。

 

ドールちゃんは

「わ〜〜、眉毛ガン見しそう〜♪」

とかウケてたけど、ワタシと猛母は見なかったことにしてひっそりと暮らしている。

 

たまにワタシが冗談で

「血色がよく見えるわよ♪とか言って頬紅プレゼントしようかなぁ〜」

というと猛母は真剣な顔で

 

ヤメテ!!!

 

と・・・

 

 

そんな鬼父であるがワタシと猛母はまだまだ甘かったのである。

 

「ちょっと、これ見てよ・・・。お父さんが使ってた・・・」

 

猛母の手にした物は

 

 

 

 

BBクリーム

 

はい、ここでワンポイント講座☝

BBクリームとは

メイク下地、日焼け止め、コンシーラ、ファンデーションといったベースメイクの機能を併せ持つ万能オールインワン化粧品です。

 

て・・・

ゆーてる場合かッ!

 

 

 

 

 

!!!

 

ぎゃーーー!

 

どこまで進化する!?

 

頼むからやめてくれ!

 

涙目になる猛母とワタシであった・・・onz

 

ちなみに、御年83歳でござる・・・

 

人気ブログランキングへ

 

新シリーズ・不夜城家の怪

  • 2017.07.03 Monday
  • 21:09

 

 

ある日のことである。

庭に出ると枕があった。

庭の中央にポツンと一つの枕が出現しているのである。

そのシュールな光景に暫し呆然・・・

 

ワタシの頭の中では未だかつてない最大級の

 

 

が浮かび上がる。

 

恐る恐る近づいて観察。

生地がぱっくり裂けていて中身がこぼれている。

 

なぜここに?

どんな理由が・・・??

 

誰が・・・・

 

あ!! 

 

これはわかるわ!

 

犯人はあっさり判明。

 

ということで、猛母に訊ねてみた。

 

ね〜、何で庭に枕があるの〜?

 

   あれは誰かが破いちゃったみたいで中身がこぼれてるのよ〜

 

いやいや・・・

それは見たらわかる。

てか、誰かが破いたわけじゃなくて、経年劣化で裂けたんでしょ?

 

だから何で、庭にあるのかって訊いてんのよ

 

 

   あ〜〜、アレしようと思ってるからそのまま置いといて〜

 

アレって何さ?

 

    ・・・・・

 

 

 

うん!わかった!

 

アレが何なのかはわからないけど

 

アレする日はきっと永遠に来ないと思うから捨てるね!

 

 

サクサクゴミ袋に投入するワタシを

少々悲しい目で見守る猛母・・・

 

聡明な方ならもうおわかりですね!

我が猛母めでたく協会に入会された模様です・・・

 

 

ちーーーん

 

一緒に入会の一押しどうぞ〜

人気ブログランキングへ

 

JUGEMテーマ:健康

 

シリーズ・不夜城家の晩餐

  • 2017.03.13 Monday
  • 19:38

JUGEMテーマ:日記・一般

その事件は昨夜の晩ご飯の時からはじまった。

ワタシが帰宅すると夕飯のおかずが天ぷらだったことが発覚した。

 

その日の昼のことである。

ワタシは近所のお弁当屋さんで、天丼にするべきか、はたまた生姜焼きにするべきか暫し悩んだのである。

だが聡明な超能力者であるワタシは、何か予感めいたものを感じて生姜焼きをチョイスした。

そのことが功を奏して天ぷらの二度食いを免れたのである。

 

そして、今日の話になる。

ワタシは今日はお休みなので、お昼ご飯に昨夜の天ぷらの残りを卵とじにして食べようと楽しみにしていた。

ところが、我が猛母が断固として拒否したのである。

 

ママ あら、あれは晩に食べるのよっ!!

 

 

そこで、仕方なく私は焼きおにぎりを作った。

自分で言うのもなんだけど、ワタシの焼きおにぎりはとても旨いんよ♡

大葉を細かくきざんで、じゃこと味噌を程よく混ぜてからの醤油をぬりぬりしながら

ゆっくりとこんがりと焼き上げていくという職人技である。

 

ウマウマと2人でそれをたらふく食べて昼食を終える。

 

さて、夕方になって我が猛母が買い物から帰って来てワタシを呼んだ。

 

ママ ちょっとぉ〜〜!

         この鯵見てくれるぅ?

         お刺身にって書いてあるけどぉ〜・・・

 

見に行くと鯵が三匹パックに入っている。

「お刺身に!!」

というキャッチが貼り付けてある。

どうするつもりだと訊くと、塩焼きにするという。

ならば多少手を加えなければなるまい。

そういうことはしない猛母なのである。

しょうがなく下ごしらえをしていると、

猛母がもう一つ魚の入ったパックを手にしている。

 

 

ママ これも食べるぅ?

 

そこにはすでに調理済みのお惣菜。

 

鯵の天ぷらが三匹、あんかけになっている・・・

 

 

 

 

萎える・・・

 

 

食べない!

 

冷たく答える私の心情など、まるで気にしていない猛母。

 

ママ じゃ、明日の晩ご飯にしましょ♪

 

はいはい・・・

気を取り直して鯵の塩焼きを作るワタシ・・・。

 

その後、ウマウマと親子三人で鯵の塩焼きを食う。

 

さて、食事後のことである。

 

何と!!

 

 

冷蔵庫に天ぷらの残りを発見・・・

 

 

さすがにワタシも鬼の形相で問い詰める。

 

ワタシがお昼に天ぷらの残りを卵とじで食べたいと

あれほど言った時は・・・

 

 

以下再現フィルム

 

ママ あら、あれは晩に食べるのよっ!!

 

 

 

 

 

とか言ったくせに〜〜!!

 

ママ じゃ、明日の晩ご飯にしましょ♪

 

チョ…チョット待て!!

 

じゃあ、さっきの鯵の天ぷらのあんかけはどうなる!!

 

無限のループに落ちいった感がある不夜城家の晩餐・・・

人気ブログランキングへ

 

素晴らしき休日(ある意味ホラー)

  • 2017.02.10 Friday
  • 21:31

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

明日は休みだ〜〜!!

 

わーーーい♪

 

 

明日はDIYをするのだ〜〜!!

 

わーーーーい♪♪

 

 

しかも昼ビールも決めるのだ〜〜!!

 

わーーーーーい♪♪♪

 

 

 

昼間から、ビール片手に持ちながらの、壁紙張り替えするのだ〜〜!!

 

わーーーーーーい♪♪♪♪

 

 

 

なぜなら、明日は車に乗ることは絶対にないからだ〜〜!!

 

わーーーーーーーい♪♪♪♪♪

 

 

 

なぜ車に乗ることがないのかというと、車がないからだ〜〜!!

 

わーーーーーーーーい♪♪♪♪♪♪

 

 

 

なぜ車がないのかというと、鬼父が事故ったからだ〜〜!!

 

わーーー・・・ん?

 

 

 

 

なぜ事故ったかというと、当て逃げしたからだ〜〜!!

 

わーー・・・え・・・?

 

 

 

なぜ当て逃げしたかというと、耳が遠いので当たった音が聞こえなかったからだ〜〜!!

 

わー・・・ひょえ〜〜!

 

 

 

それでドアが壊れて、車は修理に出されているのだ〜〜!!

 

 

わ・・・

 

 

ビミョー・・・

 

 

 

でね、でね、ここだけの話・・・

 

何でも警官がお迎えに来たみたいよ(ヒソヒソ)

 

 

お咎めなしだったようだけど、多分免許証返上しろと言われたと思うわよ(ヒソヒソ)

 

 

それでも少し大人しくなっただけで、詳細は家族には言わないのよ(ヒソヒソ)

 

 

今後のことを考えると・・・

♪来〜る〜、きっと来る〜・・・

ひょえ〜〜!

と、思わず押してみてくれ!

人気ブログランキングへ

シリーズ・不夜城家の晩餐

  • 2017.01.28 Saturday
  • 22:50

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

我が猛母、週に1回くらいはほっともっとメニューである。

それについては、別にどうでもいい。

そのことに対する言い訳めいたことも必須条件で付けくわえたがるが

それもどうでもいい。

ワタシ的には、出されたものをありがたく頂くのみである。

食べたくなければ、自分で作るし・・・

他の物を買って来るし・・・

と、全く可愛げがないワタシ・・・

でも、仕事で疲れてりゃ大抵のものは旨い!

 

それでも、ワタシは基本、出来合いはイマイチ乗らない。

インスタントや、冷凍食品を食べるくらいなら

自分で簡単なものでも作りたい。

それをわかっている猛母としては、

言い訳をしたくなるんだろうな〜・・・

と、常々思っていた。

 

それが今日!

なぜかやたらと、プッシュする

 

ほっともっとのかつ丼

 

奥様は魔女・エンドラ 私、今日はとっても忙しくってご飯作る暇がなかった!

                     実はね、近所のドラッグストアーが大安売りしてたから・・・

 

とか何とか、言い訳にもならない言い訳をかましてきた。

 

実はワタシ的には、ほっともっとのかつ丼はなかなかイケる!と思っている。

なぜなら、かつ丼って家で作るのは揚げてから、煮るという

二度の手間がかかるから、なかなか作る気にならない。

でも、トンカツも旨いけど、かつ丼も捨てがたい・・・

というジレンマに陥る一品なのである。

 

そのことに気が付いていないのかもしれないが

ある種呪いのようにプシュしまくる。

 

ほら〜、ぬくぬくに温めて食べると美味しいよ♪

早くチンして食べなさい〜♡

 

何か、魂胆があるに違いない・・・

 

ワタシは帰宅したらまず何はさておき

 

 

ビール!!

 

なのである。

 

ひと息ついてからの、メシなのである。

知っているはずなのに・・・

 

知らん顔していると、しびれを切らしてすり寄ってきた。

 

ワタシ、それ半分食べたいから〜

 

何のこたぁない、ワタシのための晩ご飯と見せかけて

自分が半分取る気だった。

それには、ちょいと訳があってね、

猛母は電子レンジを使いこなせないので

ワタシがチンしてあげるまで、オアズケ状態(プッ・・・)

 

ニコール へいへい、チンしてあげましょね〜

         ワタシはまだいいから、先に食べな

 

と、優しい娘・・・

 

すると、猛母

 

半分じゃ悪いからこれも食べてね♪

 

と、出してきたもの・・・

 

 

刺身

 

 

微妙・・・

 

 

結局、半分のかつ丼とお刺身という微妙な取り合わせの晩餐が終わって

気が付いた。

 

猛母はワタシが出来合いのご飯を嫌がって

自分で適当に作るというのを期待してたのか?

 

しかも、そのあかつきには、

 

ちゃんとご飯の用意してあげた優しい母

でも、娘が食べないっていうからさ〜・・・

 

という、いい訳の構図があったのか・・・

 

母よ、すまん!

かつ丼は私の中ではアリなんだ。

しかも腹減ってたし。

 

半分しか食べられなくて不満だったかね〜・・・

 

 

かつ丼猛プッシュ!ここもプッシュ!

人気ブログランキングへ

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ブログランキング

一日一ぽちお願いします

メール

メールはこちらから
メールフォーム

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM