警戒レベル4でした

  • 2019.08.31 Saturday
  • 22:32

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

ついこの間大雨がどうの、ワタシの家は安全だのと記事にしていたワタシですが・・・

ついにその時はやって来た。

 

西日本住のワタシは、ついに先だっての豪雨に見舞われたのである。

いつもピンポイントで避けてくれていた豪雨は、今回はピンポイントで集中してくれやがりました。

それはエリアを拡大しながらほぼ丸一日続いたのですが、はじめから最後まで大雨が降り続き・・・

職場の友達は水のため外へ出られなくなり、たまたま休みだったをワタシはpcでグループラインを開いてお互いに情報交換。

ふたつのグループラインをしながらtvにかぶりつき。

結局雨は2日間降り続け、その間サイレンとエリアメールに脅かされ続けた。

 

さて、警報も解除されやれやれとばかりに何日かぶりで太陽を見てすがすがしい気持ちで仕事をして帰宅・・・

 

その時事件は起こったのである!!!

 

現場復旧作業とかで超忙しかったワタシはプッハ――♪とばかりにビールを飲んでいた。

やはりいろいろと気になってpcで情報を拾ったりしていた。

亡くなった人もいたんだなあ・・・合掌

車流された人も気の毒だなあ・・・

浸水した人は不安だろうなあ・・・

やら、いろいろ考えながら我が身の幸運をありがたく思ったりもした。

そんなこんなで小一時間・・・

 

雨は上がり、窓の外からは

 

かっぽん〜かっぽん〜

 

みたいな何やら長閑なような風流なような音が・・・

何かな〜

と音のする方の窓を開けると・・・

 

我家と隣家の狭い隙間を

 

川がゴーゴーと流れているではないか!

 

そう・・・かっぽん〜というのは、何かが流されて浮き沈みしている音。

 

頭真っ白

 

ちょっと状況を説明すると、ワタシの家の前には道路を挟んで大きな川が流れている。

これが川というより河口なのでやたらに広い。

2階にあるワタシの部屋からの普段の眺めはとてもいいのであるが

 

川沿いの窓を見ると・・・

 

道路がない!

 

 

全部水状態

 

ひょえ〜〜!

 

 

チョ…!!ちょっと待て!!

 

 

 

 

よしわかった!落ち着け自分!!

と言い聞かせながら、取りあえず着替える。

階下の鬼父を叩き起こして、自力で2階へ行くように的確に指示を出す。

消防に通報。

 

消防もはじめは「え〜?今頃〜?どこ〜?」みたいな雰囲気を醸し出している。

 

その間も、ワタシの頭の中では

猫の銀ちゃんが外へ出ないようにきちんとあちこちを閉めてキャリーケージを用意して・・・

犬のpちゃんは年なので2階へ上がれないから抱っこして階段を・・・

げ・・!20キロだぜ・・・腰、やられるな・・・

とか、いろいろ考えていた。

 

さて、ワタシが通報している途中から他にも通報が入ってきていたようですぐに来てくれた。

原因は高潮だったので、幸い水はすぐに引いてくれたし消防士さんが引くまで待機してくれたので

 

とてもとても心強かったです!

 

消防の方と話をしている間に水は徐々に引き始めた。

高潮とのことで、注意はしておきますので取りあえず安心してください、という感じで事なきを得ました。

その間、エリアメールもサイレンも一切ナッシング!

そんな物を過信してはいけない、と改めて思ったのでした。

 

さて、やれやれ・・・と疲れ果てて2階へ戻ると

 

鬼父・・・

 

 

 

ワタシのお菓子を

 

盗み食いしてやがった!!!

 

 

 

以上ドキュメンタリーでお送りしました


人気ブログランキングへ

ン十年に一度の大雨

  • 2019.07.28 Sunday
  • 23:43

JUGEMテーマ:日記・一般l

 

 

 

梅雨が長かった。

どこもかしこもベタベタ・・・

ワタシが住んでいる地域では昔から、降れば土砂降りという感じである。

むしろスコールに近い。

 

が・・・今年の梅雨は違った。

降れば土砂降りなのは違いないが、なぜか長くは降らない。

大雨警報は出たりもするが、大した危機感もなく、結構降ったね〜・・・ぐらいなものであった。

天気図など見れば、いつもすっぽり危ない地域になっているのであるけど

なぜかピンスポット的に大雨が避けて行く。

これはワタシの日頃の行いがいいからというのは間違いないけれど、

毎年そんな風に上手い具合に危険を免れている。

 

実はワタシは子供の頃、洪水に見舞われたことがある。

その頃、2階建ての家に住んでいたのだが階段の途中まで水が来た。

はじめは大したことない位の冠水が来ては引く。

というのを繰り返し次第に水量が増えて行った。

はじめはゆっくりと・・・そして次第にスピードを増す。

倍々ゲームで水は増えていく。

洪水の水は汚い。

その濁流が渦巻きながら家の周りを渦巻きながらゴーゴーと流れていくのである。

今でもありありと思い出す。

 

でもなぜか怖かった記憶がない。

猛母がいたから安心だったのか、馬鹿な子供だったからか・・・(違!)

そして、その翌年も水が出た。

根拠はわからないけど、一度洪水が起こると繰り返し易いらしい。

そこで大規模な河川工事が行われ、川幅はかなり拡張された。

で、ン十年後の現在に至る・・・のである。

 

おかげで今のところどれだけ降っても、洪水に対する危機感はない。

だけどこのところ、なん十年かに一度、とか言われる大雨がしょっちゅう降るのっておかしくない?

温暖化のせいだろうけど、大雨のたびに記録的な降水量とか・・・

これもある閾値を超えると倍々ゲームになりそうな気がする、今日この頃。

ン十年に一度の大雨なら、ン十年洪水の見舞われないワタシの地域とて安全とは言えないじゃない!

 

大人になってからの方が不安は大きいな〜・・・


人気ブログランキングへ

戒厳令

  • 2017.03.18 Saturday
  • 20:50

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

パトカーが、拡声器で何か言っている。

何やらただ事ではない様子である。

 

なんだ、なんだ!?

 

良〜く耳をすませると・・・

 

…外出の際は、気をつけてください!

 

何があった!!

 

さらにさらに、耳をすますと・・・

 

 

この辺りに、サルが出没しています。

外出の際は、気をつけてください!!

 

 

 

 

萎える・・・

 

その凹んだワタシに猛母が追い打ちをかける

 

何て言ってるの〜〜!?

 

はいはい・・・

 

サルがいるから、気をつけろと・・・

 

と、言い終わらないうちに気が付いた聡明なワタシ

 

チョ…!

外に出るなよ!

目合わすなよ!

見たら騒ぐなよ!!

 

そりゃ〜、あぁた、ワタシとて長い付き合いの猛母である。

行動パターンは読めるさ!

 

ウキウキして、外に出る

サルを探す

見かけたら、大騒ぎする

思いっきり、ガン見する

サルの逆鱗に触れる

逃げない

からの〜!

多分

きっと

 

サルと戦う

 

 

 

 

その後は、言わずもがなである。

 

あ、その尻ぬぐいはワタシ・・・と・・・

 

だから、田舎は嫌いだ〜〜!!!

 

と・・・

思ったのであるが、しばし冷静に考えてみる。

子供の時から遡って考えても、こんなことははじめてのことである。

 

あ・・・

 

ひょっとして・・・

 

我が猛母が、間違われたとか・・・?(タラリ

 

その可能性大!

人気ブログランキングへ

 

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

ブログランキング

一日一ぽちお願いします

メール

メールはこちらから
メールフォーム

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM