スポンサーサイト

  • 2018.07.30 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    仁義なき戦い

    • 2017.03.27 Monday
    • 21:37

    JUGEMテーマ:グルメ

     

    仲良し4人で恒例の牡蠣焼きを食べに行ったのだ。

     

    が・・・

     

    今回はドリー(仮名)がその日お通夜に行かなければ、ということで

     

      お酒が飲めない・・・ 

     

    と、世にも悲しい顔で報告をした。

     

    ニコール  それは忙しいわね・・・

           じゃあ、行きはワタシが運転するわ・・・

     

    と、気の毒な彼女に申し出る心優しいワタシ。

     

    もちろんドリー以外の3名(ワタシ含む)は、気の毒そうな顔をしながらも

    内心思いっきりハートマークハート

     

    じゃあ、私達気兼ねなく飲めるぅ〜〜♪

     

    帰りはドリーが運転ね〜♪

     

    となる。

     

    いつもは運転する人に恨まれる・・・悪いから、遠慮して飲まないことになっているが

    今回ばかりは

     

    残念ね〜〜♪♪

     

    とばかりに、心置きなく昼ビールを決めるのである。

     

    アツアツの牡蠣を頬張りながらのキンキンビールである。

    美味くないわけがない!

     

    ドリーごめんね〜♡

     

    等と心にもない詫びを入れながら、たらふく飲んで食うのである。

     

    からの・・・

    海産物などを買い物しながら、お土産などを検討。

    しかし、しこたま飲んで食った私達は、何を見てもイマイチ食指が動かない。

     

    と・・・そこにソフトクリームの看板発見

     

    あ、美味しそう♪

     

    とばかりにガン見。

    でも、お腹は満たされている。

     

    でも食べたい・・・

     

    そんな時は4人で一つを回し食べるのである。

     

    帰りの車の中。

     

    口々に美味しいとはいうものの、一口二口でもうたくさんなのである。

    ワタシは早々に

     

    ニコール  もういらね

     

    と、アンジェリーナにソフトクリームを持たせる。

    こうなったら持った人の負けである。

    後の席で速攻で爆睡を決めるジュリア(仮名)。

    仕方なくアンジェリーナ(仮名)が無理矢理口に運んでいる様子。

    ついにアンジェリーナがギブアップ。

     

    ア〜!もう食べられない!

     

    そこで、運転していたドリーがひとこと。

     

      も〜!しょうがないな!

             私が食べてやるから!!

     

    と、男前な決断をして手を差し出す。

     

     

     

     

     

    ドリー、手に渡されたソフトクリームをみてひとこと。

     

     

      食わん!!

     

     

     

     

     

    元ソフトクリームというべきか・・・

     

    カップのみ・・・

     

    義理も人情も、友情も・・・あったもんじゃない

    人気ブログランキングへ

     

    パクチー!

    • 2017.02.01 Wednesday
    • 20:54

    JUGEMテーマ:グルメ

     

     

    パクチー

     

    ワタシはエスニック料理大好きなので、嫌いなはずはない。

    でも、世の中には苦手な人も結構多い。

    なんでも、好き嫌いの割合としてはフィフティフィフティらしい。

    先日、相棒のシャーリーに尋ねられた。

     

     

     ねぇ、ねぇ、パクチーって好き?

     

    ニコール うんうん、大好き!

     

     実はね、私食べたことがないのよ〜

             どんな味?

     

    ニコール う〜んとね、セロリみたいな〜

             セリみたいな〜

             もっとアクが強い感じみたいな〜・・・

     

    と答えたところ・・・

     

     

    シャーリーが言うには・・・

     

    食べたことのある人に聞いてみたら

     

     

     

     

     

    僕は嫌いです。

    例えていうなら

     

     

     

     

    カメムシみたいな味だ!!!

     

     

    と言われたらしい。

     

     

     

     

    だから、ワタシとしては

     

     

     

     

     

    ニコール カメムシ食ったことがないので・・・

     

    と・・・

     

     

     

     

    あえて、カメムシ画像はナッシングということで・・・

    人気ブログランキングへ

     

    美味しい〜、グラノーラ♪

    • 2017.01.13 Friday
    • 19:57

    最近の私のハマりもの・・・

    それはグラノーラ♪

     

    ダイエットのため!

    とか

    健康のため!

    とか・・・

     

    は全く関係ない。

     

    もともとシリアルは好きだったのだ。

    だけど、甘いのが多くて飽きるのである。

     

    が!

     

    最近進化しているもようで種類が豊富♪

     

    いろいろ食べ比べてみた。

    で、私的に

     

    ん〜ま〜っ!

     

    な、一品発見である。

     

    甘さはあまりなく、コーヒーの香りがいい♡

    ちょっと聞いてよ、これがさっ!

    合うんだな〜!!

    晩酌のウオッカに・・・

     

    えっと・・・

     

    何か・・・?

     

     

    人気ブログランキングへ

    三度のメシ

    • 2014.12.16 Tuesday
    • 23:48
    JUGEMテーマ:グルメ
    JUGEMテーマ:日記・一般


    三度の飯より好きな物・・・って、例えは昔からあるけど、
    もし人に聞かれたら私はきっとこう答えるわね。

    四度のメシ!

    でも、今まではそう思ってたけど、
    違うことがわかった少し大人になった私・・・。

    この間、お友達のアンジェリーナ(仮名)が遊びに来てくれて
    私達はお約束の焼肉屋さんへ行った。
    でも、彼女がお土産に持ってきてくれた殻つきの牡蠣が食べたかったので
    帰ってから焼き牡蠣にして盛り上がった。


     

    さらに、前日から仕込んであったおでんに突入!!

     

    さすがに、三度も晩飯を食うと、四回目は入らないことを知ったわ・・・。

    ちょっとばかり体重計に乗るのが怖い私に、一押ししていただけたらとても嬉しいです♪

    人気ブログランキングへ

    禁断の恋かもしれない・・・

    • 2014.03.27 Thursday
    • 23:52
    JUGEMテーマ:日記・一般
    JUGEMテーマ:グルメ
    アワビ

    相も変わらず鬼父とドライブデートの日々な私。
    その鬼父が昨夜なんだかノリノリで、明日は遠乗りだと言った。

    目的地は地元では有名な魚介類の宝庫である。
    過去2回チャレンジしたのであるが、初心者ゆえ一度は途中で断念。
    2度目は鬼父と交代で運転して、片道1時間半かかった。

    さて、本日は私が行きも帰りも運転。
    片道1時間足らずである。
    我ながらあっぱれである。(感涙)

    ところが・・・
    そんな感動もどこかへ吹っ飛ぶほどのさらなる感動が私を待っていたのである !

    鬼父、アワビお買い上げ〜〜♪

    私、今まで気が付かなかったけど、

    鬼父かなりハンサム

    に見える。

    サザエ
     Photo by (c)Tomo.Yun (http://www.yunphoto.net )

    後はサザエや、ナマコなどを買い込む。
    その頃には

    鬼父に恋心

    が芽生える・・・。

    さて、家路につくと猛母

    私できないからアワビの刺身は作ってよね !

    と・・・
    ひょえ〜〜

    こんな高級食材作ったことないのですが・・・
    とはいえ、実は私・・・ここだけの秘密なのですが

    アワビの刺身が一番好きだ〜〜 !!!

    大好物なのである。
    しかし、人様の前では滅多なことでは口にしてはいけないのである。
    なぜなら、どんだけタカビーな女だと陰口を叩かれそうで怖くて言えないのである。
    だから、人に聞かれた時には

    好きな食べ物は、鶏肉とサザエのつぼ焼き

    と答えることにしている。

    そんな私がアワビの刺身にチャレンジするわけであるから失敗は許されない。
    まずは、







    刺身のお供にする日本酒を買いに走る







    その後、ネットで作り方を調べる。
    ほ〜〜・・・っと、感心することしばし。
    魚とは違うとは思うけど、それなりに面白い。
    比較的簡単に見栄え良くお刺身は出来上がり、
    焼きあがったサザエのつぼ焼きも、
    溺愛する父のためにちゃんと蓋を外してあげるという心優しい娘。

    余談ですが、我が地元のサザエはしっぽの先までミルキーで苦味がないので有名な
    美味しい美味しいサザエさん


    いよいよ♡

    お口の祭りだ〜〜 !!!

    羨ましそうに私の口許凝視のPちゃんには

    お〜、不味い
    なんておいしくないんでょ〜


    とか言いながら

    たとえ明日死んでも

    最後にあれが食べたかった・・・

    と悔いる事はないと確信する私なのであった。

    だが、心配がひとつだけ・・・
    ひょっとして明日になったら私、愛するお父様に
    どこぞに叩き売られるのではないだろか・・・と、疑心暗鬼。

    う…売れるのか、私・・・!?
     

    人気ブログランキングへ

    牡蠣祭り

    • 2014.02.16 Sunday
    • 20:46
    JUGEMテーマ:日記・一般
    焼き牡蠣

    友達が遊びに来た。
    子供の頃から未だに大親友の4人が我家に集まったのであるが、
    今回の一番のお楽しみは焼き牡蠣である。
    炭の上でジュウジュゥいいながら焼かれたアツアツの牡蠣を頬張るのである。
    時々、炭火がはぜてバチッ! と、派手な音を立てながら何やら熱いものが飛んでくるのである。
    きゃーきゃー言いながら、アツアツの牡蠣を頬張るのである。
    時々、灰や火の粉が飛び散って来るのを、よけなければならないのである。
    きゃーーーとか言いながら、アツアツの牡蠣を頬張るのである。
    ジュウジュゥのアツアツのきゃーきゃーなのである。
    なんとも楽しいイベントなのである。

    さて、その頃・・・
    メンバーの一人であるジュリア(仮名)の娘は、都会の大雪にノックアウトされていたらしい。
    飲み会に行き、帰りの電車が雪でストップして7時間も閉じ込められていた。
    朝になり、ようやく最寄り駅までたどり着くと、バス停の屋根が雪で崩落。
    バスは走っていない。タクシー待ちは長蛇の列。
    仕方なく雪道を徒歩で40分かけて自宅にたどり着いたもよう。

    そんなこんなを母親に電話で説明していたところ、
    ジュリアがそのかわいそうな娘にいらない情報


    お母さんたち、今から焼き牡蠣食べにいくんだよ〜ん♪







    その返事







    牡蠣に当たれ!

    そんな娘の呪い・・・思いも虚しく、母たちは
    ウマウマと牡蠣を頬張り、
    サザエも頬張り、
    おにぎりも美味しく頬張り、
    夜は元気良く大宴会に突入したのでありました。

     

    人気ブログランキングへ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    ブログランキング

    一日一ぽちお願いします

    メール

    メールはこちらから
    メールフォーム

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM