愛犬をめぐる問題 PART4 〜かくして彼女は出生の秘密を知った〜

  • 2014.02.18 Tuesday
  • 22:02
JUGEMテーマ:日記・一般


さて、私がキョウセイシュウヨウジョ・・・
略して、教習所にかまけている間に
我が愛犬には更なる大問題が発生していたのである。

それはある暑い日のことであった。

我が愛犬よ。大好きなお散歩に連れて行ってやる。
だが、今日は毛皮を着たお前には暑いであろうことを覚悟しておけ。
しかも、まだお前には内緒だが、獣医さんにも行くぞ。


そんな感じでまんまと獣医さんへ行ったのが、十月某日のこと・・・
私がはじめてその獣医さんに愛犬を連れて行ったのが、六月・・・

その間に







何と!







体重4キロ増!!!!







これは、人間でいうと12キロあまり増えたことになります。
つまり、50キロの人がたったの4か月で62キロになったことと同じです。


院内に響く先生の冷たい声・・・

ダイエットじゃ〜〜!!

しかも、獣医さんは真犯人を

トリック
全部お見通しだ!


この本をお父さんに読ませてあげてください。

と、パンフレットを渡され、ダイエットフードを貰ってすごすご帰った。

鬼父に叩き付けるようにパンフレットを渡す私。

そのパンフレットには、漫画で肥満によるリスクの大きさや、

犬に与える牛乳コップ一杯のカロリーは
一日分のカロリー相当である


など、具体的なことも細かく書いてあった。

しばし後・・・

鬼父が珍しく私の部屋を訪問する。

全く知らなかった。
ぷーちゃんには可哀想なことをした。

(名前ちげーしっ!)
俺は毎朝、牛乳をドボドボやっていた。
(えっ!!)
もう二度と、カロリーの高いものはやらない。

等々・・・
とても素直に一人反省会をして肩を落として帰って行った。

それからぱったりと高カロリーおやつが途絶えた家族に愛犬は戸惑い・・・

どうやら、気づいてしまったらしい。

私は、本当はお母さんの子供ではないのかもしれない。
どこぞの田舎の山に捨てられていた子ではないのかしら?


といった悲しい目をする。

ピンポ〜ン、その通り!

などと、母である私は言えるわけがない。
でもここは、愛娘である愛犬のためにも心を鬼にしてカロリーの高いおやつなどは控えた。
がんばること数週間。
見事に500グラム減らした愛犬に、鬼父、私、猛母までもが喜び

よくやった!

と、ばかりに








ご褒美のおやつ・・・


当然のことながら、

体重はあっという間に挽回したのであった。

まだまだ、先は長い・・・。
 

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

  • 2017.07.03 Monday
  • 22:02
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    ブログランキング

    一日一ぽちお願いします

    メール

    メールはこちらから
    メールフォーム

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM